ブログ

ついこの前まで赤ちゃんだった息子が、赤ちゃんに・・・!!!

ファーストサイン育児のお話

つい、5月末に2歳になった息子。

赤ちゃんではなく、いよいよキッズになってきました。


言葉での表現も面白くなって来たようで、色んな言葉を使ってみよう!とする姿勢が見えます。



お隣に、2ヶ月になる赤ちゃんがいます。
ベビーカーに乗っているところへ、息子がトコトコ。


「あかちゃんねえ〜かわいいねえ〜ちっちゃいねえ〜」

・・・




そう言っていた息子の声のトーン・・・





マザーリーズを使っているではありませんか!!

これには、私もびっくり!


マザーリーズとは、大人が赤ちゃんに対して使う声の表現。
いつもの声よりも少し高めの声になる事をいいます。

マザーリーズは、世界各国、男性も女性も、本能的にするんです。
それは、赤ちゃんに安心感を与えようという気持ちの表現方法。

それを教えてもいないのに、息子が赤ちゃんに対してしていたんです!


思わず、天才!って思いました(笑)


ファーストサインで赤ちゃんとのやりとりで意識する事の一つ、声のトーン。

ちゃんと、そこからも息子は気持ちの変化を感じ取ってくれていたようです。



子どもって、ほんと、すごい!

大人が思っている以上の、凄いところが子どもにはいっぱいです。


その細かい「凄い!天才!」と思うポイントを見つけてあげられるママの目力、ベファーストサイン教室や資格講座で豊かになっていきます。