ブログ

これは何て言っているのでしょうか??

ファーストサイン育児のお話

先日、家族でス●ローに言った時のお話。


注文用のタッチパネルをみて、息子がある事を言いました。

この人「○○っていよる〜(阿波弁で言っているという事です)」と言いました。

お写真をみて、さあ、この方なんておっしゃっているのでしょーうか?!

↓↓↓

え???
「まんぷく」じゃないの???

そう思いますよね。

そう、文字では「満腹」と書いてあって、それを表現しています。

が!!!!
ファーストサインっ子な息子、この方のジェスチャーと表情を見て感じて考えました!



「おいで〜っていよるよ!いく??」



・・・?おいで???

・・・「おいで」だ!!!!


そう、ファーストサインの「おいで」は大きく両手を広げるのがジェスチャーのサイン。

そして、なによりも、だた「こっちにおいで」の意味だけじゃなくて
息子が「行く?」と聞いてくれたのは
おいでのサインをしている人が、笑顔で表情のサインをしていると感じ取り
笑顔から、優しさや楽しみなどを感じて
「あの人の所に行きたいな!」と思ったようです。


子どもたちは、私たちが思っている以上に言葉以外の所から人の気持ちや空気感を感じ取っています。

「赤ちゃんは産まれたときは真っ白」ですが、ずっとまっしろではありません。

一生懸命に生きて行く力を自分たちで経験や感じた事から学び、成長して行っています。

真っ白の赤ちゃんに、自分で好きな色に染められるよう・・・

色んな色の絵の具を渡してあげられる、見つけさせてあげられる
よう
沢山の事を感じ取れる心に育つよう、ファーストサインではまずは大人が豊かなコミュニケーションを実践して伝えていきたいですね。