ブログ

以外と知らない、赤ちゃんの脳の成長

ファーストサイン育児のお話

ファーストサインをお勉強してくださっているYさんには、もうすぐ1歳になる娘ちゃんがいらっしゃいます。

はじめはお教室に来てくれて、ファーストサインっておもしろい!
そこからまずは一つ。オッパイのサインからやってみたそうです。

普段から声かけをしているようでも、意外と
「相手に伝わりやすい方法」でできていないことが多いんだと気づかれたようです。

それは、まず
大人と赤ちゃんでは同じようにしても伝わりにくい
というところから。


教室で、赤ちゃんに伝わりやすい方法を実践すると、今まで以上に
赤ちゃんの視線を感じたそうです。

赤ちゃんたちは大人と違って物事を理解するための五感もまだ未熟なところもあります。

なので、赤ちゃんの成長に合わせた関わり方をしてあげると、赤ちゃんも、こちら側もストレスが少なく、より人と関わることが楽しくなります。



おしゃべりは自然と、当たり前にできるようになると思われている方がほとんどだと思います。
私たちも子どもの時はそのように育ってきました。

でも、今は赤ちゃんの脳科学も発展し、赤ちゃんがどのように物事を理解し、おしゃべりができるようになるのかがようやく解明されてきたのです。

なので、赤ちゃんとのファーストサインは特別な育児方ではなく、
今の最新科学によって
「よりよく、楽しく子育てをするための一つのツール」が増えたと思っていただければと思います。

それは、布おむつから紙おむつが普及したり
粉ミルクができたのと同じように。

赤ちゃんの科学を知ってから育児をすることは特別ではなく、ご自身の育児がもっと楽しくなります。