ブログ

「ママにどうしてほしいの?」なんてことで困らないです。

ファーストサイン育児のお話

ある絵本が大好きな息子。

その絵本が「好きなんだ」ってことに私が気がついたのは息子が言葉で「好きなんだ」なんて言えるようになる前の話です。




ママは、自分の子供の気持ち、なんとなく察することができます。
でも、それは憶測でママが「きっと〜だろう」という話。

しかし、赤ちゃんはもちろん、きちんと自分の意思を持っています。
ただ、ママに伝える表現方法がとっても少ない。
「不満」の気持ちを表すにも
・泣く
・ジタバタする
・バンバン叩く
・叫ぶ
・・・などでしょうか。

「なんか、機嫌悪いなあ〜・・・困」というのは察知できでも
「なんで、機嫌が悪いのか」は、ママが憶測で解決していかないといけません。

「え?なんで?」というタイミングで急にぐずったりすることがあったりします。

理由がわからない・・・
オロオロしているうちに怒り出したり、泣いてしまったり・・・

ふだん、そんなことがあんまりなくても、一度や二度は経験することもあります。
息子はのんびりくんだったのですが、一度急に・・・
「うわ〜ん!」と泣き出したことがありました。

え???汗汗
オロオロして彼を抱っこして、どこかぶつけた?何があった?
観察してもわからない・・・



でも、そこで彼は
「もういっかい」のサイン!
(ちなみに、もう一回、のサインは私と彼のオリジナルサイン。)

え?もう一回・・・



すると、息子が毎晩好きで読んでいる絵本を、ベッドのお部屋からお姉ちゃんがリビングに持ってきたのに「取られた!」と思ったらしくて大激怒!

「もう一回」の意味ももちろんきちんと理解していますが、彼にとってその絵本の事を表すサインも「もう一回」

なるほどね。

お姉ちゃんにお願いして返してもらったら、ニコニコになって
「もういっかい」のサイン。

はい、読んでほしいんだね。




ちなみに、彼がその絵本を大好きなのは
絵本の主人公を見て、私が
「こうせいに似てるね〜!これ、こうせい!」と絵を指差しでトントンしたら・・・
彼はとっても可愛い笑顔で「自分」のサイン。

言葉を喋り始める前でも、会話をしていました。

今はそんな彼、とってもおしゃべりな2際3ヶ月。